セロー祭りピンチ!?ツーリングセローが・・・

澄みきった青空が秋を感じるこの頃、私は自転車で通勤しているのですが、こんな日は

オートバイでツーリングに出掛けたいなと毎日思い、通勤しながら下半身の筋力アップに

励んでおります。

さて、来週は10月に突入します。2017年も早いもので残り3ヶ月となりました。

皆さん、今年の目標やチャレンジしてみたかった事、ツーリングに出掛けてみたかった場所への

達成出来ましたでしょうか。

ツーリングハイシーズンの秋、計画を立てるのも楽しいですね。

 

 

引き続き、多数のご契約を頂いております。ありがとうございます。

秋の気持ちの良い季節ですので、平日もご納車が多いです。やはり新しいオートバイを買ったら

早く乗りたいですよね。ぜひ、秋のツーリングシーズンを思いっきり楽しんで下さい!

 

ご好評頂いておりますセロー祭り!?ですが、状況により予想より早く終了になるかもしれません。

セロー250は既に生産が終了しておりますが、人気車両ですのでメーカーに在庫はありました。

ですが、9月のヤマハからの生産終了モデル発表後、セロー250の動向が非常に良くなっております。

そして現在、即納させて頂けるツーリングセローは2台のみとなってしまいました。

現状、店頭在庫のツーリングセローが売れてしまった後は、お待ち頂いても確実にご用意できるかは

分かりません。

と言うことで、生産終了モデルは在庫がある時のご決断がお薦めです。

 

セロー250とツーリングセローの違いですが、優れた積載性と機能性を高める装備をプラスした

アクセサリーパッケージモデルです。

具体的には、アドベンチャースクリーン/リアキャリア、アルミアンダーガード、ブッシュガードが

装備済みで、単体で取り付けるよりかなりお得になっております。

と言うことで、セロー250にスクリーンやキャリアを取り付けの場合は、ツーリングセローがお薦めです。

 

マニアックですが、ブッシュガードはツーリングセロー専用ステッカーが貼って有り、

単体部品では購入できません。

 

ツーリングセローは250ccのオフロードバイクではありますが、ロングツーリングやキャンプツーリング

を十分楽しめます。

ロングツーリングはやはり大型オートバイが優位な部分はありますが、ツーリングセローでなければ

楽しめない事も沢山あると思います。

 

例えば、初めて走りに行く地域の林道等は入り口を探すのに、Uターンが多かったり、走りに行ってみたら

道が荒れていたりと色々イレギュラーもあると思いますが、そういった状況でも軽量で扱い易いセロー250

がサポートしてくれますよ。

私のオートバイ仲間が夏休みに、埼玉県からツーリングセローで東北地方や青森県の林道や観光を

楽しんで来たようです。軽い車両ですと寄り道も楽ですしね。

足つきに不安が無い方は、ロングツーリングにはシートの厚みがしっかりある、ツーリングシートも

純正オプションであります。

 

街乗りや近場のツーリングやロングツーリングなど、一台で色々使われるお客様には

ツーリングセローはお薦めの一台だと思います。

 

重大発表!!が抜けてました。

セロー250を当社試乗車として準備中です。

オフロード専門店!?なM.S.C Haraですので、ノーマルのセロー250ではないですよ。

乞うご期待!

 

トリッカーはメーカー在庫が完売しており店頭在庫のみになります。

当社は新車、オレンジが1台、グレーが2台のみ。即納車です。

また、大変魅力的なトリッカーの極上車が入荷しました。

車両本体価格 380,000円(税込)

トリッカー独自のタイヤサイズ、F19インチR16インチで街中をキビキビと走れる乗り味。

F19インチあり、ロードモデルに対し大きいので、普段は街中メインに乗られて、たまに林道を

走る様なシュチュエーションにお薦めな一台です。

 

先日、長野県の林道に走りに行きましたら、セロー250とトリッカーで林道ツーリングに埼玉県から

走って来られた方がいました。

何となく、同じ場所で休憩していると、自然とコミュニケーションを取りたくなってしまう、

ダートケイション!?

トリッカーはセロー250より燃料タンクの容量は少ないですが、インジェクションで燃費も良いので、

十分林道ツーリングも楽しめると思います。

トリッカーはセロー250と乗り味がしっかりと異なり、セロー250と同じエンジンを使いながら、

個性がしっかりとあるオートバイで、こちらも生産終了が残念なモデルです。

 

スタッフ 樋口

 

関連記事一覧